小学生に最適な英語学習法

小学生に最適な英語学習法のイメージ画像

 

小学校に入学する前からの英語学習などで英語が得意になっている子供たちは、小学1年生でもABCが全て言えるし、書けてわかるという状態だと思います。

 

小学生からは、ABCは継続して学ぶものとして毎回続けていきます。そして、それ以外にシチュエーションを使った会話の構文を学んでいくころだと思います。

 

例えば「What are you doing?」「I’m writing.」とか、「Where do you live?」「I live in Osaka.」など、そういう構文を学んでいくということです。

 

小学生向けの最良なテキストを購入するのもひとつですが、最適な学習法だと私が思うのは、親御さんが身につけている英語(これは正確な英語)を生活の中で使っていくことです。

 

それこそ別の意味での生きた英語です。お父さん、お母さんがつたない英語でも楽しそうにしていたら、子供は自然と参加してくるはずです。

 

でも、英語が得意な親御さんばかりではないですよね。英語が得意でなかったら、子供のためを思って自ら勉強するのもひとつだと思います。

 

そして、中学で習ったカンタンな英語でいいので、日常の生活で使えるところで使っていくと良いと思います。

 

子供は面白がりながらも、その構文をどのような場面で使うのかということがわかるので、とてもためになる学習方法であると私は思います。

 

私が小学生に英語を教えていて一番感じたのは、最適の学習方法は「英語を好きになる」ということです。

 

「英会話スクールに通っていれば英語はしゃべれるようになるわ!」と考える親御さんはたくさんおられると思います。

 

でも、実際、スクールにやってくる子供たちの勉強への姿勢は、英語を「好き」か「嫌い」かで全然違います。英語の単語覚えるにも、好きか嫌いかで覚える早さも数も違います。

 

また、その子が英語が好きかどうかは、その子を見ていたらすぐにわかります。英語が好きな子は、スクールだけでなく家での英語学習(例えば宿題など)を楽しんでしっかりやっています。

 

なので、スクールでのレッスンにすごい集中力で参加していますし、英語を話すときの目がキラキラしていて全然違います。

 

では、どうすれば子供が英語を好きになってくれるのか。子供が英語を好きになるための最適な英語学習方法は何か。

 

一つ目は、なるべく早い時期に英語に触れさせるということ。

 

もう一つは、親御さんが「英語やったの?」「英語スクールへへ行きなさい」という態度ではなくて、親御さん自身が英語を楽しむ姿勢で、子供と一緒に英語学習に参加することだと思います。

 

関連ページ

子供の英語教育はいつから?
子供の英語教育はいつから始めるのが良いのか?0歳や1歳から始める必要があるのかについてご紹介します。
何から始めればいいの?
子供の英語教育は何から始めるのが一番良いのかご紹介します。
幼児期に最適な英語学習法
幼児期に最適な英語学習法を0から2歳児。3歳から5歳児に分けてご紹介します。