早期英語教育とは

早期英語教育とは?のイメージ画像

 

早期英語教育とは、0歳から12歳を対象に英語教育をするということです。

 

細かく言えば、0歳から6歳が幼児英語教育、小学1年生から6年生が児童英語教育というふうになります。

 

文部科学省は2010年度にも小学5年生からの週に一回程度の英語の授業を必須化することを目標に、2019年度の本格的導入までは、「総合的な学習の時間」や、道徳など特別な授業の時間を使って英語の授業を取り入れるように実施されはじめています。

 

まだ本格的に必須化されているわけではないので、全国的に平均的な英語の学習が実施されているかというとそうではありません。

 

また、まだ全国的にも非常にばらつきがあって、一ヶ月に一回の授業を行っているところもあれば、週に一回行っている学校もあるということです。

 

いずれにせよ、私たちが学んだ時代とは異なり、国際化社会への対応から、より早い時期からの英語教育が行われていく方向性は変わらないのではないかと考えられます。

関連ページ

早期英語教育について私が思うこと
早期英語教育について、長年こども英語教室の講師を務めてきた私が思うことをご紹介します。